ブルーベリーには下痢や便秘の改善効果も

投稿者:

ブルーベリーにはいろいろな効能がありますが、実は腸内環境を改善して便通をよくするという効果があることがわかってきました。 多くの女性が一度は悩まされてしまう便秘。そんな便秘は、ブルーベリーで改善できるとご存知でしょうか。

ブルーベリーには2種類の食物繊維

便秘の改善で必要なものと言えば、食物繊維であることは非常に有名です。便秘気味の方は、普段の生活から食物繊維を心がけて摂っているという方も少なくないのではないでしょうか。食物繊維には、2種類あります。それは、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維です。便秘を改善するには、この2種類ともにバランスよく摂取することが大事だと言われています。

不溶性食物繊維
不溶性食物繊維は、胃で消化されにくく、腸まで届いて腸を刺激してくれます。不溶性食物繊維は、ごぼうやさつまいもに多く、繊維を多く含んだ果物や野菜にみられます。

水溶性食物繊維
水溶性食物繊維は、コレステロールの吸収を抑える作用があります。親水性があり、水を多く含みやすい性質を持っているので、便を柔らかくしてくれる役割があり、善玉菌を増やして腸内環境を整えてくれます。水溶性食物繊維は、こんにゃくや海藻に多く含まれています。

ブルーベリーの食物繊維


視力回復に有名なブルーベリーは、小さい粒の中に、たくさんの食物繊維を含んでいます。便通に良いとされているバナナなどを抑えて、フルーツではピカイチの食物繊維の量です。なんと、バナナの2.5倍の量の食物繊維を含んでいると言われています。

しかも、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の両方を含んでおり、ブルーベリーを食べるだけで、便通改善を期待することができるのです。 小さな一粒に、たくさんの栄養素がぎっしりと詰まっているブルーベリーは、便秘で悩む女性の味方です。

ブルーベリー自体を中々食べることができないという場合でも、ブルーベリーのサプリメントがたくさん販売されています。 サプリメントは、足りないものを補うという役割を果たしてくれます。手軽にブルーベリーの力を借りたいという方は、お好みのサプリメントを選んで摂取するのもひとつの方法です。